【地金型金貨】地金型金貨とは、そのメリットとデメリット

金貨の種類ページにてご紹介している通り地金型金貨とは投資用に鋳造された金貨のことを呼びます。地金型金貨の鋳造は各国の政府が行っているため発行される金貨の品位・重量に関してはそれら各国で保証されています。地金型金貨の価格は、流通・鋳造などのコストがプレミアムとして上乗せされているため、金地金のグラムあたりの価格よりも高くなっています。そのプレミアム率は質量によって異なります。

投資用に鋳造された金地金や地金型金貨に共通するデメリットとして、一番にあげられるのは利息がつかないことです。そして、金相場・金価格は変動しますので元本保証はありません。保管の状態によっては盗難のおそれも考えられます。また、地金型金貨の場合、大きなキズ、歪みなどでプレミアム分が消滅してしまう恐れもあります。保管状態に注意が必要です。大きな金のメリットとしては、通貨や紙幣のように急に価値が激減することがないことです。

地金型金貨として発行された金貨には法定通貨としての額面表示と金の品位と量目表示が刻まれています。しかし、必ずしも額面と量目は比例していません。通常、地金型金貨の額面は本来の価値より極めて低く設定されています。基本的には投資用として発行されていますが、国によっては毎年デザインや発行枚数などに変化があり、パンダ金貨やカンガルー金貨のように収集用金貨のような要素を持ち合わせた金貨もあります。

「地金型金貨」純金製 金貨(発行国・保証品位)

  • ・メイプルリーフ金貨(カナダ .9999)
  • ・パンダ金貨(中華人民共和国 .999)
  • ・カンガルー金貨 ※別名ナゲット金貨(オーストラリア .9999)
  • ・ウィーン金貨(オーストリア .9999)
  • ・バッファロー金貨(アメリカ合衆国 .9999)

 

「地金型金貨」品位の異なる金貨(発行国・保証品位)

  • ・クルーガーランド金貨(南アフリカ共和国 .917)
  • ・イーグル金貨(アメリカ合衆国 .9167)
  • ・ブリタニア金貨(イギリス .917)

《金貨・硬貨 関連の買取ページ》

金貨・硬貨についてもっと知りたい方はこちらの記事もご覧ください。

 

●お客様のご都合に合わせて選べる3つの買取方法・ご説明はコチラから

買取のたくみや-店舗案内 買取のたくみや-出張買取 買取のたくみや-郵送買取

お客様の声

郵送買取の申込みをしました 埼玉県在住Y様

お客様の声(埼玉県在住Y様)
▲画像クリックで拡大
郵送買取の申込みの仕方がわからず電話をしました。
フォームの使い方から丁寧に対応していただいてとても助かりました。

予想より高い買取価格でした 東京都在住F様

お客様の声(東京都在住F様)
▲画像クリックで拡大
とても良い対応で、予想していた金額よりも高い値段をつけてくれて大満足です!
またよろしくお願いします。

一番高い買取査定額でした 千葉県在住T様

お客様の声(千葉県在住T様)
▲画像クリックで拡大
何店舗か回ってみて、ここが一番高い査定額だったこと、接客の感じも良かったのでお願いしました。
他にも家にあったものでこんなの買い取れますか?と聞いたら丁寧に答えてもらえたので良かったです。

初めての買い取り 東京都在住K様

お客様の声(東京都在住K様)
▲画像クリックで拡大
初めて買取をお願いしました。
持っていくのは大変だけれど、郵送するのも怖かったので、査定額だけ聞こうとお電話したところ、出張サービスを案内され安心して買取をお願いできました。

一番対応が丁寧な買取店 東京都在住S様

お客様の声(東京都在住S様)
▲画像クリックで拡大
他にも店を回り一番対応が丁寧だったので戻って買い取りお願いしました。
交渉して査定頑張っていただきました。 ありがとうございました。
お電話&メールでのお問い合わせ先