【ブランド品の豆知識3】ブランドバッグ本物と偽物の違い6つのポイント

その① 素材

 ブランドバッグの素材は革だけではありません。たとえば、ルイヴィトンの場合、キャンバス地をレザートリムコートしている素材を使用しています。本物であれば、表面に触れたときの感触はドライであり、べたついたり、脂っぽくすべる様な感触はありえません。そして、ファスナーなど、全ての金具類には必ずブランドの刻印があり、中空のものはないので重みを感じます。

その② 縫製

 本物のステッチは全て完璧に均等であり、縫い目の終わりに糸が無かったり、縫い目が行ったり来たりしている雑な縫製はありえません。ルイヴィトンのロゴやシャネルのキルティングなどの繰り返しパターンがつなぎ目でズレる縫製はありえません。必ず、つなぎ目でもマッチしているはずです。

その③ ライニング(バッグの内側)

 偽造品の殆どは、写真を参考に製造していることから内側までコピーできていません。内側の色まで正確に合わせているものは稀です。正規代理店などで本物の内側の色を確認している方には、その色の違いが分かります。本物は全て同じ色であり、ものによってその色調が暗めになることはありえません。

その④ ポケット

 本物をみて正確にコピーしている偽造品なのか、又は写真を参考に製造していることが分かる理由に、ポケットの有無があります。例えば、偽造シャネルのトートバックの裏にポケットがなかったり、コーチのバッグの裏にポケットではなくファスナーがあるケースがあります。

その⑤ 製造場所

 偽造ルイヴィトンの殆どは「Made in France」と表記・刻印されています。しかし、ルイヴィトンはフランスのみでなく、スペインで製造されたラインも存在します。

その⑥ スペルミス

 偽造品の中には、Leatherの「L」一文字を欠落したり、酷い物ではブランド名でさえ間違えているスペルミスが刻印などにあるものもあります。また、スペルは正しくとも刻印がはっきりとしていなかったり、文字の字体が本物とは微妙に異なります。

 

 これらの他に、日本ではあまり見ないケースですが、本物にカスタム修理を施した為に、本物と確認しづらいものもあるようです。

ブランドバッグ


ブランドについてもっと知りたい方はこちらの記事もご覧ください。

《ファッション ブランド 関連の買取ページ》

お客様の声

郵送買取の申込みをしました 埼玉県在住Y様

お客様の声(埼玉県在住Y様)
▲画像クリックで拡大
郵送買取の申込みの仕方がわからず電話をしました。
フォームの使い方から丁寧に対応していただいてとても助かりました。

予想より高い買取価格でした 東京都在住F様

お客様の声(東京都在住F様)
▲画像クリックで拡大
とても良い対応で、予想していた金額よりも高い値段をつけてくれて大満足です!
またよろしくお願いします。

一番高い買取査定額でした 千葉県在住T様

お客様の声(千葉県在住T様)
▲画像クリックで拡大
何店舗か回ってみて、ここが一番高い査定額だったこと、接客の感じも良かったのでお願いしました。
他にも家にあったものでこんなの買い取れますか?と聞いたら丁寧に答えてもらえたので良かったです。

初めての買い取り 東京都在住K様

お客様の声(東京都在住K様)
▲画像クリックで拡大
初めて買取をお願いしました。
持っていくのは大変だけれど、郵送するのも怖かったので、査定額だけ聞こうとお電話したところ、出張サービスを案内され安心して買取をお願いできました。

一番対応が丁寧な買取店 東京都在住S様

お客様の声(東京都在住S様)
▲画像クリックで拡大
他にも店を回り一番対応が丁寧だったので戻って買い取りお願いしました。
交渉して査定頑張っていただきました。 ありがとうございました。
お電話&メールでのお問い合わせ先