【お酒の豆知識】ブランデーの豆知識

ブランデーとは

ブランデーとは、主に白葡萄で製造したワインを蒸留し樽に入れて熟成させたものを呼びます。ブドウが原料のワインを蒸留して作られたものを通常は指しますが、葡萄以外の果実から作られるブランデーもあり、サクランボから作ったチェリー・ブランデーや、リンゴから作ったアップル・ブランデーなどがあります。(アルコール度数は40度弱〜50度程度)

■名前の由来

フランス語で「ヴァン・ブリュレ(Vin Brule):焼いたワイン」の意と呼ばれていましたが、これがオランダで直訳してブランデ・ヴェイン(brandewijn)と呼ばれました。その後、イギリスに持ち込まれた時に英語でブランディワイン(brandywine)に変化し、いつしかヴェインが取れてブランディ(brandy)となりました。フランスでは、ブランデーを「オー・ド・ヴィー(eau-de-vie):命の水」の意と呼ばれて親しまれています。

■有名なブランデー

主なブランドとしては、ヘネシー・レミーマルタン・カミュ・マーテル・オタールなどが有名です。

〜その他有名なブランデー〜
【フルーツブランデー】リンゴ・スモモ・サクランボ・木いちご・洋梨などがポピュラーで、葡萄以外の果実を原料としたブランデーのことを言います。
【コニャック】高級ブランデーとされ、葡萄を原料にフランス・コニャック地方で作られるブランデーの名称。
【アルマニャック】コニャックと肩を並べるフレンチブランデーの二大銘酒の一つ。フランス南西部のアルマニャック地方で醸造されるブランデー。
【フレンチ・ブランデー】フランス産のブランデーのこと。(コニャック、アルマニャックを除く)

■日本のブランデー

19世紀末の1867年、オランダへ留学した際に製造法を榎本武揚が学び、帰国した後に親族に伝えたとされてから、ブランデーの製造法が日本において知られるようなりました。日本国内で製造している主要企業は、ニッカウヰスキーやサントリーなどがあります。

■ブランデーの飲み方

もっともポピュラーな飲み方は「ストレート」。香りとともに、室温のブランデーをブランデーグラスに少量入れて味わいます。ブランデーは、温度が適度に上がることで香りが立つので、飲み方としては手のひらで包み込むようにしてグラスの底を揺らし、手の体温で温めながら飲むのが一般的です。
香りは冷やすことで立たなくなってしまうためおすすめできません。とは言っても、アメリカでは水割りでの飲み方はお酒に弱い女性などに好まれた飲み方ですが、「水で薄めて飲む」ということが、フランスを始めとするヨーロッパやロシアなどでは基本的に無いために、不思議な飲み方として映っているようです。他にも、ブランデーは洋菓子材料として香り付けに用いられたり、ステーキなど肉料理のフランベにも使われるなど、広く愛されたお酒です。

《高級酒・古酒 関連の買取ページ》

お酒についてもっと知りたい方はこちらの記事もご覧ください。

お客様の声

郵送買取の申込みをしました 埼玉県在住Y様

お客様の声(埼玉県在住Y様)
▲画像クリックで拡大
郵送買取の申込みの仕方がわからず電話をしました。
フォームの使い方から丁寧に対応していただいてとても助かりました。

予想より高い買取価格でした 東京都在住F様

お客様の声(東京都在住F様)
▲画像クリックで拡大
とても良い対応で、予想していた金額よりも高い値段をつけてくれて大満足です!
またよろしくお願いします。

一番高い買取査定額でした 千葉県在住T様

お客様の声(千葉県在住T様)
▲画像クリックで拡大
何店舗か回ってみて、ここが一番高い査定額だったこと、接客の感じも良かったのでお願いしました。
他にも家にあったものでこんなの買い取れますか?と聞いたら丁寧に答えてもらえたので良かったです。

初めての買い取り 東京都在住K様

お客様の声(東京都在住K様)
▲画像クリックで拡大
初めて買取をお願いしました。
持っていくのは大変だけれど、郵送するのも怖かったので、査定額だけ聞こうとお電話したところ、出張サービスを案内され安心して買取をお願いできました。

一番対応が丁寧な買取店 東京都在住S様

お客様の声(東京都在住S様)
▲画像クリックで拡大
他にも店を回り一番対応が丁寧だったので戻って買い取りお願いしました。
交渉して査定頑張っていただきました。 ありがとうございました。
お電話&メールでのお問い合わせ先