【宝石の豆知識2】宝石のカットの種類

■宝石のカットの種類について

それぞれの宝石に適したカットが宝石には施されています。宝石の長所を引き出したり、逆に短所をカバーして宝石の持つ魅力を最大限に引き出すために計算されているのです。
ここでは代表的なカットを紹介させていただきます。

◆ラウンド・ブリリアント・カット

主に、反射率が高い宝石(ダイヤモンドなど)のカットに使用されています。カット面が多いのが特徴で、上部から進入した光が全て内部で全反射して上部から放たれるように設計されています。58面体のラウンド・ブリリアント・カットのダイヤモンドのみがダイヤモンドの評価基準の「4C」に対象とされています。

宝石のカットの定番で、主にサファイアやルビーなどの宝石のカットに使用されています。上から見て楕円状(オーバル)にカットされているのが特徴です。

◆エメラルド・カット

その名前のとおり主にエメラルドのカットに使用され、長方形の形で四隅が切り落とされているのが特徴です。エメラルド以外にも他の宝石でも用いられています。平面が広くカットされるので、内包物が多い宝石(インクルージョン等)だと逆に宝石の美しさが損なわれてしまいます。上記のラウンド・ブリリアント・カットとは違った美しさを、透明度の高い宝石を使用することで表現されるのです。

◆ペアシェイプ・ブリリアント・カット

別名ドロップ(雫)カットとも呼ばれて、洋梨(ペア)の形にカットされているのが特徴です。マーキーズ・ブリリアント・カット同様、先端部が細いため、ある程度の硬度がある宝石のカットに使用されています。デザインジュエリーなどに使用されるカットです。

◆マーキーズ・ブリリアント・カット

先端が尖った楕円状(マーキーズ)にカットされているのが特徴です。先端部が細いため、ある程度の硬度がある宝石のカットに使用され、実際のカラット数よりも宝石を大きく見せることができます。

◆カボション・カット

小さな面がいくつもあるカット(ファセットカット)とは異なり、宝石が半円(ドーム)状に磨き上げられているのが特徴で、不透明な宝石が主に使用されています。また、モース硬度7以下の宝石を主に使用しますが、特殊効果(キャッツアイ効果・スター効果等)が出やすい宝石(サファイアやクリソベリル等)のカットにも使用されています。
※ファセットカットだと、効果が肉眼で確認し難くなってしまうため。

ダイヤモンド・宝石についてもっと知りたい方はこちらの記事もご覧ください。

《ダイヤモンド・宝石 関連の買取ページ》

お客様の声

郵送買取の申込みをしました 埼玉県在住Y様

お客様の声(埼玉県在住Y様)
▲画像クリックで拡大
郵送買取の申込みの仕方がわからず電話をしました。
フォームの使い方から丁寧に対応していただいてとても助かりました。

予想より高い買取価格でした 東京都在住F様

お客様の声(東京都在住F様)
▲画像クリックで拡大
とても良い対応で、予想していた金額よりも高い値段をつけてくれて大満足です!
またよろしくお願いします。

一番高い買取査定額でした 千葉県在住T様

お客様の声(千葉県在住T様)
▲画像クリックで拡大
何店舗か回ってみて、ここが一番高い査定額だったこと、接客の感じも良かったのでお願いしました。
他にも家にあったものでこんなの買い取れますか?と聞いたら丁寧に答えてもらえたので良かったです。

初めての買い取り 東京都在住K様

お客様の声(東京都在住K様)
▲画像クリックで拡大
初めて買取をお願いしました。
持っていくのは大変だけれど、郵送するのも怖かったので、査定額だけ聞こうとお電話したところ、出張サービスを案内され安心して買取をお願いできました。

一番対応が丁寧な買取店 東京都在住S様

お客様の声(東京都在住S様)
▲画像クリックで拡大
他にも店を回り一番対応が丁寧だったので戻って買い取りお願いしました。
交渉して査定頑張っていただきました。 ありがとうございました。
お電話&メールでのお問い合わせ先